2/12国鉄集会に参加しました

img_7883

「第二の国鉄分割・民営化攻撃粉砕!不当解雇から30年  2.12国鉄集会」に参加しました。

30年前の国鉄分割・民営化は戦後労働運動を解体する大攻撃でした。確かに労組は弱体化させられてきました。でも、動労総連合は解雇者とともに闘い続け、組織を拡大し、いまや新たな民営化反対運動を創造してきています。

民営化の先にあるのは、終わりのない更なる民営化・外注化であり、労働者の分断と無責任体制であり、やりがいを奪われ、生きられない労働条件の強制です。そんな職場はJRに限らず、私達の周りに普通に存在しています。この現実を今こそ社会問題化し、民営化は悪だという世論を作ろう!と全体で決意を新たにする集会でした。

公共部門もなにかといえばアウトソーシング、外注化の嵐です。それが何をもたらしているのか?もう一度捉え返さなくてはなりません。

外注化・民営化と闘う労働運動を職場からつくりましょう!動労水戸支援共闘越谷でともに活動していこう!定例会にぜひご参加ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中