レイクタウンでの突然の閉店・解雇に対してさいたまユニオンがビラまきを行いました!

IMG_8601

支援共闘の仲間への解雇に対して、5/2連休中のレイクタウンにて街宣・ビラまきを行いました。詳細は以下をご覧ください!

ilovepdf_com

ilovepdf_com-1
低賃金と非正規職、解雇自由のイオンレイクタウン
ブラック職場に組合つくり声あげよう
困ったことがあったら、ユニオンに相談を

いきなり閉店、従業員は解雇

イオンレイクタウンで働くみなさん、連休でお買い物 に来ているみなさん。レイクタウンアウトレットの一 角にある店舗「トゥルースリーパー from ショップジャパン」がこの連休をもって閉店(撤退)します。組合員を含めて、そこで働いていた従業員は何の補償もな く解雇とされ、次の職場を探さなければならなくなりました。

そもそもこの話はおよそ1ヶ月前、突然もたらされました。店員は、店の看板(「トゥルースリーパー」)とはまったく違う「販売委託会社」に雇用されています。「ショップジャパン(運営しているのはNTTドコモのグループ企業「オークローンマーケティング」)の直営店舗」とうたってはいますが、売り場の実体は100%外注です。今回の撤退にあたっては従業員のみならず、販売委託会社の社長にすら、知らされたのは従業員と同じだったといいます。

常識・現場を知らない会社

結果閉店になるとしても、普通は半年くらい前から現場に話があるのがこの業界の「常識」だといいます。「なによりも利益優先・金儲け優先」の会社(グループ親会社のN TTドコモ)がトップダウンで「売り上げの上がらない、不採算部門は直ちに切り捨てろ」という決定を下したことは容易に想像できます。寝具を扱う業界で、そんなに早く売り上げや利益が出るわけもありません。通信販売で多少の実績はあるかも知れません が、業界・現場を知らずに店舗を出し、業務はすべて外注、儲からなければ即撤退、そこで働く人間のことなどあずかり知らないというわけです。本当に許せない!

1人ぼろもうけのイオン?

しかし、レイクタウンを運営するイオンには事前に話があったはずです。2015年 11月に開店し、まだ1年半ほどしか経っていない店です。オークローンはイオンに対して違約金などは支払ったのでしょうか。もしそうだとすれば、イオンだけがぼろもう けということになります。
イオンレイクタウンの中ではこのような突然の閉店、それにともなう解雇は「当たり 前」になっているといいます。1年や数ヶ月で閉店、「明日から来なくていいよ」とい うことは日常茶飯事。レイクタウンができて雇用が増えたといいますが、100%非正 規雇用。「地域全体の賃金水準を下げる役割を果たした」とすらいわれています。非正規雇用・低賃金・解雇自由の「資本の楽園」が、全国にあるイオンモールだということ です。

職場に団結と労働組合を

私たちは地域の労働組合として、このような現実を絶対に許せないし、組合員1人だ けの問題ではない、まずは声を上げることから始めようと討論しました。そして、この レイクタウンで働くみなさんの納得できない思い、悔しさをぜひ共有したいと思い、ビラを配ることにしました。労働者は使い捨てのモノではありません。このレイクタウン を日々、動かしているのは労働者です。私たちがひとつに団結すれば、イオンという巨大な資本にも、立ち向かうことができます。労働組合は本来、そういう力を持っています。イオンでまかり通っている委託・外注化や非正規職化は労働者を団結させないためのものです。
さいたまユニオンは職種・職場の違いを越え、「合同・一般労働組合全国協議会」に 加盟し、全国の仲間と一緒に闘っています。ぜひご相談、ご意見・ご感想をお気軽に寄せて下さい。よろしくお願いします。
〈2017年5月3日〉
一般合同労組さいたまユニオン
TEL080-7016-1891(田畑)
080-3738-0799(新井)
E-Mailsai_union@yahoo.co.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中