5/14辺野古新基地建設を絶対阻止しよう!5.15平和とくらしを守る県民大会とデモ!

IMG_8644今年の県民大会は辺野古からキャンプシュワブを挟んで反対の北側にある瀬高の浜にて開催されました。私達も全国の仲間とともにバス2台で結集しました。

右の緑の部分がキャンプシュワブ。そこから海上に向けて埋め立て地が建設されているのが見えます。以前にはなかった光景です。

集会に先立ち、10代の頃から辺野古「命を守る会」で現地の阻止闘争を担ってきた富田晋さんから概略と現在の情勢について説明がありました。1995年の少女暴行事件により沖縄全体で怒りが爆発し、基地撤去の声が上がる中、1996年の日米SACO合意により97年に辺野古移設案が浮上。それ以来、辺野古現地では住民投票での移設反対や、座り込み、カヌーでの建設阻止の闘い、杭打ちがされたらヤグラに座り込む…などの粘り強い闘いが続けられてきました。結局辺野古の海上には建設できず、基地のキャンプシュワブ沖に建設せざるを得ない状況となり、今に至っています。

大浦湾は底が深いため天然の軍港とも言われるそうです。辺野古弾薬庫やキャンプシュワブがあることなどから、作られようとしているのは普天間よりももっと使い勝手の良い、最新鋭のアジアへの一大出撃基地であり、基地強化に他なりません。

私自身は、2000年頃から何度も辺野古に来て、現地の方の家に泊まり込んで座り込みに参加したり、ヤグラに上ったりしたこともありました。埋め立て作業が進んでいるのは悔しい限りですが、本来ならもう完成していてもおかしくなかった新基地を、現地や全国の闘いでここまで阻んできたともいえます。アジアの仲間のためにも、基地は絶対に作らせたくないと改めて実感しました。

IMG_8645集会後には辺野古現地デモ!「辺野古に基地を作らせないぞ!戦争反対!基地撤去!安保粉砕!労働者は生きねばならない!死すべきは基地だ!」住民の方も手を振ってくれていました。

IMG_8652

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中