会員Yさんの早すぎる死を悼む

7月2日、越谷市で反戦・反原発の集会、デモをともにたたかい、動労水戸支援共闘越谷の会員であったYさんが逝去されました。5月に例会の連絡のため電話をかけた際に、末期がんで近く緩和ケアの受けられる病院に転院すると聞かされ、「もう少し早くあなたたちと知り合いたかった」という言葉が私たちとの最後の会話となってしまいました。

Yさんは、越谷市内の『さようなら原発集会』、スタンディング、『9条の会』の常連でした。2015年8月の安保(戦争)法案反対の集会で「韓国の労働者のようにたたかおう!」と訴える私たちに「あなたたち、韓国人なの?」と声をかけられたのが出会いでした。

そのとき、持っていた『前進』を見て、「懐かしい! まさかこれをここで見れるなんて!」「じゃあ、この子は将来の革命戦士ね」と一緒にいた会員の子どもを見て、楽しそうに目を細めていたお顔を今でもはっきりと覚えています。

2016年10月8日に越谷市中央市民会館で行った映画『A2-B-C』上映会では、動労連帯高崎の木村書記長の「連帯高崎は、分割・民営化を認めていない。国鉄の組合としてJRと闘い続けている」という発言、動労水戸の木村書記長の被曝労働拒否のたたかいの報告に心の底から感動されて、「国鉄の労働組合として闘い続けるなんてすばらしい! そう、労働組合なのよ!」「今までいろいろな脱原発や反戦の集会に参加してきたけど、議員が出てきて結局、選挙で1票をとなってしまう。ちょっと違うと思っていた。私はこんな活動を待っていたのよ。この会に入って応援します!」と即座に半年分の会費を納めてくださり、ともにたたかうことになりました。

1月のNAZEN埼玉への「白タク」共謀罪弾圧の勾留理由開示公判をともに傍聴し、高浜原発再稼働絶対反対の2・26 1万人の舞鶴大行動実行委の中心である京都府職労舞鶴支部に宛てた檄布には「この国は持ち続けゆく いち早く付喪神(つくもがみ)となりし原発を」という自作の短歌とイラストをかいてくださいました。

3月5日には、JR東日本本社のあるJR新宿駅前で国鉄千葉動力車労働組合の春闘ストライキ支援、外注化・地方切り捨ての3月ダイヤ改悪への抗議行動に参加し、動労総連合に結集する労働者の発言をじっくりと聴いておられました。

動労水戸支援共闘越谷の例会では、毎回鋭い意見を述べられ、最初は平行線だった議論の中で、合点がいったときに「はー、なるほど、そうかそうか、そういうことね」という身体の深いところから発せられるような声が今でも耳に残っています。

Yさん、本当にもっと早くあなたにお会いしたかった。お叱りも含めてもっとあなたのお話を聞きたかった。あなたとともに過ごした半年余りの経験が今の支援共闘越谷の活動の礎となっています。

私たちは、もっとしっかりとわかりやすく職場、地域でのたたかいを続けていきます。そしてYさんが心動かされた節を曲げない労働運動、被曝労働拒否、戦争協力拒否の労働運動、福島の子どもや住民を守り、すべての原発をなくす運動を職場で、地域で、全国ですすめていくことを誓います。

最後に歌人であったYさんが、4・1常磐線浪江延伸に抗議してストライキに立った国鉄水戸動力車労働組合(動労水戸)のたたかいを詠んだ歌をご家族の了承を得て紹介させていただきます。この歌に込められた怒りと希望を心に刻みたいと思います。

常磐線復旧作業にもあると聞く下請け孫請けの人らの被曝

ニュースでは歓迎の声のみ流されて常磐線つひに浪江まで

いわき駅にJR組合員集まれり「常磐線延伸反対」の幟掲げて

IMG_7945

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中