訪韓闘争の報告②5万人労働者集会とデモ

dfb1d293-ba2f-44b4-a2cd-6615977a5628.jpeg

11/12は「すべての労働者の労組の権利を勝ち取る チョンテイル烈士精神継承全国労働者大会」とデモに参加。「すべての労働者に労組活動の権利を」「チョンテイル精神継承」のプラカードが配布されていました。イラストはチョンテイル氏を表現しています。全泰壱(전태일チョン・テイル1948年8月26日生まれ)は1970年11月13日、22歳の時に、韓国ソウル市で「われわれは機械ではない」「勤労基準法を遵守しろ」と主張し、自らに火をつけて焼身自殺しました。彼の死は、軍事独裁政権下の韓国社会に大きな衝撃を与え、それ以降の韓国の民主化闘争、労働運動へと繋がる大きなきっかけとなったそうです。

339366D6-61F7-4EB2-8280-36E91103859D

集会全体が「非正規職撤廃!」「労働組合の権利獲得!」「労働3権を勝ち取ろう!」という主張にあふれていました。

デモは韓国中心街の6車線いっぱいに広がり、警察もほとんど介入せず。

私達の後ろには、非正規教員の隊列も。「公共部門の非正規職を正規職に転換しろ!」という横断幕。全くその通り!

光化門までの圧倒的なデモ行進を貫徹!パククネ打倒を実現したあとということもあるのか、警備体制も少なく、ソウル全体が労働者の街になったようでした。韓国の仲間や、公務員労組の方たちと一緒にデモをして、国境を越えて同じ課題を闘っていることを改めて実感しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中