Jアラート訓練反対!

Jアラート訓練は戦争への道!労働組合が声を上げよう

3月14日午前11時、内閣官房と総務省消防庁によるJアラート全国一斉情報伝達訓練が実施されます。

自治体により、対応は様々で、越谷市は放送のみとしているようですが、「各地方公共団体独自の訓練」を重ねて、子どもたちや労働者・住民に避難行動を求めるとしているところもあります。

越谷市HPより

54DE0B89-4698-4E02-8FC9-2CCFC6C0B999.jpeg

毎日新聞より

EBD8C55C-B8A7-47CA-9849-50F467B95A43.jpeg

頭を抱えたところでどれだけ効果があるのか?これでミサイルに備えるというにはあまりにもおかしな話です。

結局、こうした訓練は北朝鮮への恐怖を煽り、それならば戦争もやむを得ないとするような雰囲気づくりのために利用されています。9条改憲を良しとする機運をつくろうとするものです。

Jアラートは有事法制の一つである国民保護法の下で整備され、そもそもが戦争を想定したシステムです。「国民の保護」と称していますが、戦前の防空法や国家総動員法と同様、労働組合を産業報国会化し、国民を国の戦争体制に組み込むためのものです。

各地で反対行動も闘われています。横須賀市では1/31のアラート訓練に対して〝Jアラート訓練やめろ〟とデモ、街頭宣伝で抗議行動が行われました。

E15BA48B-C9A8-4B4F-B036-1E5A09ED9687.jpeg

E330DD36-C93E-4DA8-ADC5-6AC1AE8C2903

自治体労働者や教育労働者がこうした訓練を行う側として動員されます。「戦争反対」を単なるスローガンではなく、行動で示す労働組合の闘いを今こそ作りましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中