動労連帯高崎のストライキ支援行動に参加!

9EA4DCC2-BA00-4D49-86C4-2910B877E8A7.jpeg

朝は籠原駅前にてスト突入の漆原委員長を激励し、利用者や働く仲間に向けてアピールを行いました。

そして、本社前へ。

7A0FB4BB-5028-43B7-A311-83B286DB5842.jpeg

C19D4222-ACB4-47FD-8173-FD9033BED25A.jpeg

さいたまユニオンや群馬合同労組も支援に駆けつけ、高崎の本社前で抗議行動。しかし会社はシャッターを閉めて全く対応しないという対応でした。ひどい!

そのまま高崎駅前にて街宣行動。ストライキへの支援とあわせて、3/25日比谷集会を訴えました。

そして夕方からはさらに2名の組合員がストライキに突入。清掃労働が交代勤務で24時間行われているため、勤務時間はみんなバラバラということを改めて実感します。

「3人でやると決められた仕事を勝手に2人でもやれるなんてふざけるな!お前達がやってみろ!」

「ただでさえ身体にキツイ仕事で、低賃金の上に、人も補充されない。現場は必死に仕事をしている。もう体がもたない!」

「団体交渉で労使が対等に同じ人数に、なんてふざけるな!こちらはいつ首が切られてもおかしくないのに、何が対等だ!団交人数制限を撤廃しろ!」

組合員からは、現場の思いや怒りが叩きつけられ、会社の不誠実な対応を暴露する闘いとなりました。

1F803F3E-EA9B-420F-8C86-5E37E49D6E21.jpeg

清掃労働だから低賃金でよい、人員は減らされても賃金は増えず、会社だけが搾取を強めて、団体交渉すらまともに応じない、これが天下のJRがつくった委託会社の構造です。そしてこんな状態が日本全国で普通になっている。

今回のストライキは、こうした構造に対する労働者の大きな反撃への号令です。御用組合として労働者の怒りの声を圧殺してきたJR東労組は解体され、今こそ闘う本物の労働組合が登場する時です。動労総連合とともに、労働運動をここから甦らせていきましょう!

77002AC5-8999-42E3-8AF9-ACFDE7EA980A.jpeg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中