阿佐ヶ谷デモ&斉藤いくま応援に行ってきました

85E0903E-88AF-42A2-9A61-F089EB7798A1

労働者の命と未来を奪うすべてのものに反対!
労働者は奴隷じゃない!!社会を変える存在だ
改憲・戦争ぶっとばせ!

あいにくの雨でしたが、阿佐ヶ谷デモは約600人で元気よくやりきりました!埼玉デモに用意していた横断幕は、斉藤いくまさんの街頭演説で掲げました。

本当に労働者の側が、奴隷じゃなく社会を変える存在として自覚できるかどうか、団結できるかどうかが問われています。労働者同士がバラバラにさせられて、いがみ合わされる中で成り立つ、1%が牛耳る社会は、労働者が団結すれば絶対に変えられる!

それを先頭で訴えているのが斉藤いくまさんです。全学連委員長だけあって、学生がたくさん手伝っている街宣隊。こちらも元気をもらいました。デモの様子は前進チャンネルでぜひ見てください。

広告

10.15さいたま大行動中止→阿佐ヶ谷デモに合流のお知らせ

10月15日に予定しておりました10.15さいたま大行動は、実行委員会の判断により中止とし、阿佐ヶ谷でのデモに合流(15時〜阿佐谷北1-1-1けやき公園)することとなりました。突然の連絡で申し訳ありません。

1ABF5247-AA24-467C-B64A-729270669341

解散総選挙と杉並区での仲間の選挙選出馬などの関係で、討論の結果、変更となりました。

約2カ月前から準備しており、選挙真っ只中にぶつかった後も、だからこそ浦和でのデモに意義があると考えて、あくまで実施の予定でした。しかし、このかんの選挙をめぐる混乱の中、いま、私たちの代表といえる候補が唯一出ている杉並区において、労働者・市民の結集と決起を作り出すことが、改憲・戦争を止める闘いと一体だと考えました。

時期も、やり方も、宣伝も、何もかもが1%のいいように決められたふざけた「選挙」。東京8区で立候補した全学連委員長の斉藤いくまさんは、「この国に革命を」「生きる誇り取り戻そう」と訴えてこうした選挙制度そのものをひっくり返し、労働者自身の闘いと団結を甦らせて社会を変えようと闘っています。

D46D3CD9-8200-4979-9262-C04B1BD5AEAD

私たちも斉藤いくまさんを全面的に応援しています。真の労働者の党が必要です。

阿佐ヶ谷デモで改憲・戦争絶対反対のうねりをつくり、安倍・トランプを打倒する国際連帯で、戦争を始まる前に止めよう!

埼玉県内での集会・デモはまた再度設定していきたいと考えています。ぜひともよろしくお願いいたします。

改憲・戦争ぶっとばせ!10.15さいたま大行動に集まろう!

動労水戸の石井委員長をお呼びして集会とデモをやります。日々仕事に追われ、ぎりぎりの生活の中、労働者から政治が奪われる中、まったくかけ離れたところで党利党略が渦巻く選挙が行われようとしています。こんなのおかしい!労働者が誇りを持って生きられる社会にしよう!カギは団結です。ぜひ集まってください。

1015ビラ2次表面-001

1015ビラ2次裏面-001

10.8三里塚全国集会に参加しました

BB07A88C-BB42-4EF9-868A-A108B6C60CCB

畑で開催される三里塚の集会。土がふかふかで、踏むのがもったいないくらい。北原さんが亡くなって最初の集会ということで、壇上には写真が掲げられました。息子さんも発言し、北原さんを彷彿とさせるような力強い言葉に感動しました。

三里塚の話をすると、「まだやってるの?」と言われることもありますが、現在進行形で農地強奪・空港機能強化と対決し続けています。農業を蔑ろにする国の政策、戦争国家化と連綿と闘い続け、国際連帯の場ともなっています。

今ふたたび大地の乱を!

北原さんの遺志を引き継いで闘おう!

B51805DE-BB5D-4C0D-8E7A-ACCC2D11A2AF

DA5AFE8B-AE56-4697-A19D-00901928DDB3

9/23常磐線延伸反対!いわき闘争に参加しました

IMG_0265

被曝労働拒否!被曝と帰還を強制するな!常磐線富岡延伸阻止の集会とデモに参加してきました。全体は約320名の参加。集会は竜田から富岡へ常磐線を延伸し、福島原発事故をなかったものにして、福島の人々の怒りを圧殺しようとするJR東日本に対して、動労水戸労働組合が主催となり呼びかけられたものです。

電車の運転士、車掌、乗客に対して高線量の被曝を強制することは絶対に許せません。今回、埼玉から仲間とともに常磐線を通って行きましたが、福島に入った途端に電光掲示板に「この先1~3μsv/h」と表示されていました。高線量の中に常磐線を通し、福島への帰還を強制し、福島事故への国の責任を放棄し、改憲・戦争へ突き進むこの国の攻撃は一体のものです。一握りの支配者の利益のために、労働者や農民がいくら死んでもかまわないという新自由主義の姿です。

集会は、動労水戸照沼さんの司会で、石井委員長、動労総連合の方々、ふくしま診療所の布施先生、都庁レストラン解雇撤回闘争を闘う柿沼さん、全学連洞口さんなどが発言しました。全学連からは、「斎藤いくま委員長が衆院選に立候補します!」という力強い決意表明も!

安倍政権のなりふり構わない解散総選挙は膨大な怒りを巻き起こしています。支配の危機は変革のチャンス!選挙だけでは何も変わらないけれど、選挙戦の過程はそのまま改憲・戦争反対の宣伝戦、11月労働者集会への総決起を訴える場となります。

労働者が主人公となる社会を!労働組合を甦らせよう!

埼玉では10月15日に労働者集会を予定しています。闘うみなさん、動労水戸と一緒に原発労働者と団結する新たな反原発運動を巻き起こしていきましょう!