共謀罪反対!加須の学習会に参加しました。

IMG_8389

平和を考える加須市民の会の講座に参加させていただきました!

下町のマチベン・山本志都弁護士による「新共謀罪」についての講演は「治安維持法」の再来と言われる理由をわかりやすく丁寧に説明してくださいました。
この法律では、労働組合や市民運動、学生運動だけでなく、会社、PTA、マンション管理組合、自治会、新聞や雑誌の編集会議、大学のサークルなどありとあらゆる場面で複数人で相談しあったり、思いを共有することが罪になる恐れがあるということで、まさに「思想処罰」、「団結破壊法」です。

質疑応答では、共謀罪をつぶすためにどうしたらいいのか?をめぐって意見が交わされ、「戦前は植民地を求めて侵略していったけど、今の日本はそこまでいってない」「選挙で勝つことが重要」など様々な意見が出されました。「白タク弾圧のような共謀罪につながる具体的な弾圧に対して、自分にかけられたものととらえて反対していくことが大切」という発言もあり、まさしくそうだと感じました。
治安維持法も、はじめは共産主義者(党)→労働組合など合法左翼→宗教者…とどんどん弾圧を拡大させていったことを考えると、警察、検察の恣意的な判断で誰でも対象になりえます。
「テロリスト」「過激派」「反社会的団体」だから弾圧されて「当然」では安倍政権の思うつぼ。すぐに自分の身に降りかからなくても、全体で反撃することが本当に求められていると思います。

戦争反対も憲法改悪の先に戦争があるのではなく、米トランプ政権によるシリア軍事攻撃と朝鮮侵略戦争攻撃という、今まさに起こっている事態に抗議、反対、阻止行動に立つことが大切だと思うのです。

最後に発言した白タク弾圧当該NAZENさいたま高木さんの「戦争経験者として、二度と戦争は嫌だ。何があっても戦争だけはとめていく。その行動に立ち続ける」という決意をともにしたいと思いました。

〜徴兵は命かけても阻むべし
母、祖母、おみな、牢に満つるとも〜

星野文昭絵画展にご来場ありがとうございました

金土日で約100名近くの人々が来場してくれました。中学生も熱心に話を聞いてくれました。インターネットで見たと都内から来てくれる方もいました。

星野さんを1日も早く奪還するため、そして弾圧や権力犯罪を許さない運動をさらに広げるために、星野再審署名運動や絵画展を拡大していきたいと思います。

新共謀罪反対!4/15加須で共謀罪学習会が開催されます

IMG_8305

IMG_8306

平和を考える加須市民の会の共謀罪学習会が呼びかけられています。

韓国で朴槿恵を打倒するゼネストや抗議行動が闘われ、北朝鮮での戦争策動が激化する今、本当に戦争のできる国にするためにこそ、この共謀罪が作られようとしています。

埼玉で起きた白タク弾圧はまさに共謀罪の先取りでしたが、共謀罪となると、白タクをでっち上げなくとも、それこそ権力にとって都合の悪い団体・個人を狙い撃ちで弾圧することが可能になります。

戦前の治安維持法=新共謀罪絶対反対で闘いましょう!

3/30動労連帯高崎ストライキに連帯!

IMG_8267

3/30、国鉄高崎動力車連帯労働組合(動力連帯高崎)が①希望者全員を正社員に!外注化粉砕!②時給1500円以上の賃金を払え!③住宅・扶養手当を払え!④人員不足を解消しろ!を掲げてストライキを決行!動労水戸支援共闘越谷からも支援に行ってきました。

動労連帯高崎はもともと国鉄分割民営化に反対して結成された国鉄労働者の組合であり、これまでにもJRの外注化や安全破壊に対して闘ってきました。現在、外注化された先のTTS(高崎鉄道サービス)の労働者も組織し、動労総連合の一組合としてJRに対しても真っ向から闘いを継続しています。

今こそストライキで闘う労働組合が本当に求められています。職場に闘う労働組合をよみがえらせよう!

IMG_8247

団結たまごを差し入れしました!

 

3/26三里塚全国総決起集会に参加しました

三里塚空港反対同盟の呼びかける「市東さんの農地を守ろう!第3滑走路粉砕!安倍政権打倒!3.26全国総決起集会」に参加しました。

1966年に三里塚に住民無視の空港建設が知らされて以降、三里塚では国家権力との実力闘争をも含む、永きに渡る闘いが今でも続けられています。70年代には、安保闘争と一体で労働組合や学生団体が支援に駆けつけ、労農学連帯が築かれました。その歴史は今でも国家権力と対峙する日本の反戦闘争の砦として連綿と続いています。

そしていま、三里塚闘争は市東孝雄さんの農地取り上げを巡って、強制執行になるかどうかという大決戦を迎えています。また、成田空港会社(NAA)の第3滑走路建設・深夜早朝の飛行時間延長・B滑走路1000㍍延長といった「成田空港の機能強化策」に反対して、地域住民とともに闘いを拡大しています。

三里塚の闘いは農地を守る農民闘争であり、軍事基地を許さない反戦闘争であり、資本権力と非妥協で闘う階級闘争として、福島の反原発闘争や動労総連合、あらゆる闘いの結集軸となっています。

動労水戸支援共闘越谷としても、援農や現地見学などを今後やっていけたらと考えています。三里塚と連帯して、人間らしく生きられる社会をともに作っていきましょう!