阿佐ヶ谷デモ&斉藤いくま応援に行ってきました

85E0903E-88AF-42A2-9A61-F089EB7798A1

労働者の命と未来を奪うすべてのものに反対!
労働者は奴隷じゃない!!社会を変える存在だ
改憲・戦争ぶっとばせ!

あいにくの雨でしたが、阿佐ヶ谷デモは約600人で元気よくやりきりました!埼玉デモに用意していた横断幕は、斉藤いくまさんの街頭演説で掲げました。

本当に労働者の側が、奴隷じゃなく社会を変える存在として自覚できるかどうか、団結できるかどうかが問われています。労働者同士がバラバラにさせられて、いがみ合わされる中で成り立つ、1%が牛耳る社会は、労働者が団結すれば絶対に変えられる!

それを先頭で訴えているのが斉藤いくまさんです。全学連委員長だけあって、学生がたくさん手伝っている街宣隊。こちらも元気をもらいました。デモの様子は前進チャンネルでぜひ見てください。

広告

10.15さいたま大行動中止→阿佐ヶ谷デモに合流のお知らせ

10月15日に予定しておりました10.15さいたま大行動は、実行委員会の判断により中止とし、阿佐ヶ谷でのデモに合流(15時〜阿佐谷北1-1-1けやき公園)することとなりました。突然の連絡で申し訳ありません。

1ABF5247-AA24-467C-B64A-729270669341

解散総選挙と杉並区での仲間の選挙選出馬などの関係で、討論の結果、変更となりました。

約2カ月前から準備しており、選挙真っ只中にぶつかった後も、だからこそ浦和でのデモに意義があると考えて、あくまで実施の予定でした。しかし、このかんの選挙をめぐる混乱の中、いま、私たちの代表といえる候補が唯一出ている杉並区において、労働者・市民の結集と決起を作り出すことが、改憲・戦争を止める闘いと一体だと考えました。

時期も、やり方も、宣伝も、何もかもが1%のいいように決められたふざけた「選挙」。東京8区で立候補した全学連委員長の斉藤いくまさんは、「この国に革命を」「生きる誇り取り戻そう」と訴えてこうした選挙制度そのものをひっくり返し、労働者自身の闘いと団結を甦らせて社会を変えようと闘っています。

D46D3CD9-8200-4979-9262-C04B1BD5AEAD

私たちも斉藤いくまさんを全面的に応援しています。真の労働者の党が必要です。

阿佐ヶ谷デモで改憲・戦争絶対反対のうねりをつくり、安倍・トランプを打倒する国際連帯で、戦争を始まる前に止めよう!

埼玉県内での集会・デモはまた再度設定していきたいと考えています。ぜひともよろしくお願いいたします。

改憲・戦争ぶっとばせ!10.15さいたま大行動に集まろう!

動労水戸の石井委員長をお呼びして集会とデモをやります。日々仕事に追われ、ぎりぎりの生活の中、労働者から政治が奪われる中、まったくかけ離れたところで党利党略が渦巻く選挙が行われようとしています。こんなのおかしい!労働者が誇りを持って生きられる社会にしよう!カギは団結です。ぜひ集まってください。

1015ビラ2次表面-001

1015ビラ2次裏面-001

10.8三里塚全国集会に参加しました

BB07A88C-BB42-4EF9-868A-A108B6C60CCB

畑で開催される三里塚の集会。土がふかふかで、踏むのがもったいないくらい。北原さんが亡くなって最初の集会ということで、壇上には写真が掲げられました。息子さんも発言し、北原さんを彷彿とさせるような力強い言葉に感動しました。

三里塚の話をすると、「まだやってるの?」と言われることもありますが、現在進行形で農地強奪・空港機能強化と対決し続けています。農業を蔑ろにする国の政策、戦争国家化と連綿と闘い続け、国際連帯の場ともなっています。

今ふたたび大地の乱を!

北原さんの遺志を引き継いで闘おう!

B51805DE-BB5D-4C0D-8E7A-ACCC2D11A2AF

DA5AFE8B-AE56-4697-A19D-00901928DDB3

8・6ヒロシマ大行動に参加してきました②

8月6日早朝は原爆ドーム前にて「8・6ヒロシマアピール集会」に参加。右翼や機動隊が囲む異様な状態の中でしたが、韓国のソンジュでサード配備反対で闘う住民代表の方からは「社会の主人公は労働者民衆だ!韓日米の労働者の団結で世の中を根本からひっくり返そう!」というものすごい訴え。

広島大学の学生や被爆者からは、核兵器禁止条約に反対し、口先で平和を語りながら戦争に突進する安倍に対する怒りにあふれるものでした。集会後は平和祈念式典の会場の傍を通るデモ。平和公園にいる方も「安倍帰れ!」のコールに一緒に手を上げて応えてくれました。

IMG_9451

IMG_9664

ヒロシマ大行動の集会は体育館での開催。「日韓連帯で朝鮮戦争・核戦争を阻止しよう」と宣言し、被爆2世の中島健さん、キリスト者の吉原美玲子さんが被爆体験とともに「安倍を引きずり降ろそう」と訴え。広島連帯ユニオンや、沖縄IJBS労組の富田さん、ふくしま共同診療所布施医師、動労福島の橋本委員長、被ばく労働拒否を闘う愛媛県職労委員長の宇都宮さん、動労水戸・動労総連合青年部副部長の照沼さんなどが発言。改憲阻止アピールとして、動労千葉や人類愛善会、婦人民主クラブ、弁護士などもアピールし、まさに改憲阻止に向けての出発点となるような集会でした。

IMG_9452IMG_9461

集会後のデモは東日本の隊列に参加。デモは警察の誘導によりかなり前と距離を空けられてしまいましたが、一番最後でがんばりました。

広島のデモは市街のアーケードを通るため、通行の方とかなり近い距離になるところもあり、飛び入りで歩いたり反応がとてもよく見えます。「始まる前に戦争止めよう! 安倍政権こそ監獄へ! パククネ打倒の次は安倍だ! 日韓連帯で戦争止めよう! ストライキで戦争止めよう! 共謀罪を粉砕しよう! 非正規職撤廃! 首切り反対! 闘う組合甦らせよう!」と訴えました。

その後、8・9長崎でも被爆者からの怒りが叩きつけられています。被爆者に「あなたはどこの国の首相ですか」と言わせてしまうというこの国とは何なのか?戦争体験者が本当に危機感を持って立ち上がっている今、労働組合が連合のように安倍の危機を支えるのではなく、本当に労働者の立場に立って闘うことが必要です。

現場から改憲阻止・戦争阻止の運動をさらにつくっていきましょう!

8.6ヒロシマ大行動に参加してきました①

8.6ヒロシマ大行動に参加してきました。写真はヒロシマ大行動のHPより。http://86hiroshima.blogspot.jp/?m=1

前日の5日は職場産別交流会があり、その中の医療福祉労働者交流集会に参加。介護労働者竹川さんの仕事中の事故による起訴・収監という事態は本当に許せない!と思いました。

IMG_9427

「被曝労働拒否・福島連帯集会」では、ふくしま共同診療所の杉井医師や布施院長、福島から保養に来ているお母さん、各地でNAZENを立ち上げている仲間、八尾北医療センター労働組合などから訴えがあり、新たな運動の飛躍を感じさせる集会でした。

「避難・保養・医療」は社会変革の運動でり、さらに深化させる必要があるところに来ています。帰還と被曝の強制反対署名運動の継続からの労組の決起に続きたいと思いました。

IMG_9428

青年労働者交流集会も各地の青年が結集して大成功!広島の非正規教員から「時間でしか雇われず、子供と関わる時間もない。こんな働き方はなくしたい」という訴え。本当に非正規教員、非正規職なんて撤廃しかない!

IMG_9430

広島の自治体で非正規ではたらく仲間からも発言。「会計年度任用職員」=非正規職の固定化・スト権剥奪・団結破壊に対して、怒りが高まっているが、何の方針も見えない組合の現状に対して、今こそ闘いをつくろう!