2月5日(日)帰還と被曝の強制に反対する集い

ぜひご参加ください!

img_7760

広告

12/10常磐線開通反対!JR本社抗議行動とデモ

動労水戸の常磐線開通反対の闘いと連帯して、動労東京が呼びかけるJR本社への抗議行動とデモに参加しました。

常磐線開通は帰還の強制と避難者への支援打ち切りと一体で行われています。復興・安全キャンペーンのもとで、甲状腺検査の縮小など、現実の被曝問題や健康問題が覆い隠されようとしています。

職場を武器にして被曝労働拒否を闘う動労水戸とともに、福島や原発労働者と本当に連帯する闘いを作って行きましょう!

 

 

A2-B-C越谷上映会へのご参加ありがとうございました

約20名の方にご参加いただきました。雨の中来ていただきありがとうございました!

動労水戸の木村書記長からは、労働組合として被曝労働とどう闘ってきたのか、ドイツ訪問の報告も交えてお話いただきました。

会場からも反原発の闘いをどう進めて行くのか、真剣な意見が交わされ、とても有意義な会となりました。

詳細な報告は改めてニュースなどで掲載したいと思います。

 

10月8日(土)越谷A2-B-C上映会のお知らせ

越谷市中央市民会館にてA2‐B-C上映会を開催します。ぜひみなさんお越しください!

2016.10.8越谷a2-b-cオモテPDF10.8a2bc1

2016.10.8越谷a2-b-cウラPDF10.8a2bc2

3・11から5年が過ぎ 疑い含め173人が判定された 福島の小児甲状腺がん 

発との関係を頑なに否定するどころか 検査を縮小すると言い出した 政府・福島県

フクシマの子どもたちの今 そしてこれから 私たちは何を為すべきか

映画A2-B-Cについての詳細はこちら(公式HPへのリンク)

続きを読む

10・2越谷国鉄集会を開催しました

10月2日、動労水戸支援共闘越谷準備会の主催する「10・2越谷国鉄集会」を中央市民会館にて開催、市民や労働者約40名の参加で大成功しました。10-2syukai

併せて、動労水戸や原発労働者の闘いを財政的に支援すると共に、闘う労働運動を職場に地域に作って行くために、引き続き「動労水戸支援共闘越谷」として活動を継続していくことが確認されました。多くのみなさんの加入を呼びかけます(賛同金月500円)。