会員Yさんの早すぎる死を悼む

7月2日、越谷市で反戦・反原発の集会、デモをともにたたかい、動労水戸支援共闘越谷の会員であったYさんが逝去されました。5月に例会の連絡のため電話をかけた際に、末期がんで近く緩和ケアの受けられる病院に転院すると聞かされ、「もう少し早くあなたたちと知り合いたかった」という言葉が私たちとの最後の会話となってしまいました。

Yさんは、越谷市内の『さようなら原発集会』、スタンディング、『9条の会』の常連でした。2015年8月の安保(戦争)法案反対の集会で「韓国の労働者のようにたたかおう!」と訴える私たちに「あなたたち、韓国人なの?」と声をかけられたのが出会いでした。

そのとき、持っていた『前進』を見て、「懐かしい! まさかこれをここで見れるなんて!」「じゃあ、この子は将来の革命戦士ね」と一緒にいた会員の子どもを見て、楽しそうに目を細めていたお顔を今でもはっきりと覚えています。

2016年10月8日に越谷市中央市民会館で行った映画『A2-B-C』上映会では、動労連帯高崎の木村書記長の「連帯高崎は、分割・民営化を認めていない。国鉄の組合としてJRと闘い続けている」という発言、動労水戸の木村書記長の被曝労働拒否のたたかいの報告に心の底から感動されて、「国鉄の労働組合として闘い続けるなんてすばらしい! そう、労働組合なのよ!」「今までいろいろな脱原発や反戦の集会に参加してきたけど、議員が出てきて結局、選挙で1票をとなってしまう。ちょっと違うと思っていた。私はこんな活動を待っていたのよ。この会に入って応援します!」と即座に半年分の会費を納めてくださり、ともにたたかうことになりました。

1月のNAZEN埼玉への「白タク」共謀罪弾圧の勾留理由開示公判をともに傍聴し、高浜原発再稼働絶対反対の2・26 1万人の舞鶴大行動実行委の中心である京都府職労舞鶴支部に宛てた檄布には「この国は持ち続けゆく いち早く付喪神(つくもがみ)となりし原発を」という自作の短歌とイラストをかいてくださいました。

3月5日には、JR東日本本社のあるJR新宿駅前で国鉄千葉動力車労働組合の春闘ストライキ支援、外注化・地方切り捨ての3月ダイヤ改悪への抗議行動に参加し、動労総連合に結集する労働者の発言をじっくりと聴いておられました。

動労水戸支援共闘越谷の例会では、毎回鋭い意見を述べられ、最初は平行線だった議論の中で、合点がいったときに「はー、なるほど、そうかそうか、そういうことね」という身体の深いところから発せられるような声が今でも耳に残っています。

Yさん、本当にもっと早くあなたにお会いしたかった。お叱りも含めてもっとあなたのお話を聞きたかった。あなたとともに過ごした半年余りの経験が今の支援共闘越谷の活動の礎となっています。

私たちは、もっとしっかりとわかりやすく職場、地域でのたたかいを続けていきます。そしてYさんが心動かされた節を曲げない労働運動、被曝労働拒否、戦争協力拒否の労働運動、福島の子どもや住民を守り、すべての原発をなくす運動を職場で、地域で、全国ですすめていくことを誓います。

最後に歌人であったYさんが、4・1常磐線浪江延伸に抗議してストライキに立った国鉄水戸動力車労働組合(動労水戸)のたたかいを詠んだ歌をご家族の了承を得て紹介させていただきます。この歌に込められた怒りと希望を心に刻みたいと思います。

常磐線復旧作業にもあると聞く下請け孫請けの人らの被曝

ニュースでは歓迎の声のみ流されて常磐線つひに浪江まで

いわき駅にJR組合員集まれり「常磐線延伸反対」の幟掲げて

IMG_7945

広告

8・6ヒロシマ大行動に参加してきました②

8月6日早朝は原爆ドーム前にて「8・6ヒロシマアピール集会」に参加。右翼や機動隊が囲む異様な状態の中でしたが、韓国のソンジュでサード配備反対で闘う住民代表の方からは「社会の主人公は労働者民衆だ!韓日米の労働者の団結で世の中を根本からひっくり返そう!」というものすごい訴え。

広島大学の学生や被爆者からは、核兵器禁止条約に反対し、口先で平和を語りながら戦争に突進する安倍に対する怒りにあふれるものでした。集会後は平和祈念式典の会場の傍を通るデモ。平和公園にいる方も「安倍帰れ!」のコールに一緒に手を上げて応えてくれました。

IMG_9451

IMG_9664

ヒロシマ大行動の集会は体育館での開催。「日韓連帯で朝鮮戦争・核戦争を阻止しよう」と宣言し、被爆2世の中島健さん、キリスト者の吉原美玲子さんが被爆体験とともに「安倍を引きずり降ろそう」と訴え。広島連帯ユニオンや、沖縄IJBS労組の富田さん、ふくしま共同診療所布施医師、動労福島の橋本委員長、被ばく労働拒否を闘う愛媛県職労委員長の宇都宮さん、動労水戸・動労総連合青年部副部長の照沼さんなどが発言。改憲阻止アピールとして、動労千葉や人類愛善会、婦人民主クラブ、弁護士などもアピールし、まさに改憲阻止に向けての出発点となるような集会でした。

IMG_9452IMG_9461

集会後のデモは東日本の隊列に参加。デモは警察の誘導によりかなり前と距離を空けられてしまいましたが、一番最後でがんばりました。

広島のデモは市街のアーケードを通るため、通行の方とかなり近い距離になるところもあり、飛び入りで歩いたり反応がとてもよく見えます。「始まる前に戦争止めよう! 安倍政権こそ監獄へ! パククネ打倒の次は安倍だ! 日韓連帯で戦争止めよう! ストライキで戦争止めよう! 共謀罪を粉砕しよう! 非正規職撤廃! 首切り反対! 闘う組合甦らせよう!」と訴えました。

その後、8・9長崎でも被爆者からの怒りが叩きつけられています。被爆者に「あなたはどこの国の首相ですか」と言わせてしまうというこの国とは何なのか?戦争体験者が本当に危機感を持って立ち上がっている今、労働組合が連合のように安倍の危機を支えるのではなく、本当に労働者の立場に立って闘うことが必要です。

現場から改憲阻止・戦争阻止の運動をさらにつくっていきましょう!

8.6ヒロシマ大行動に参加してきました①

8.6ヒロシマ大行動に参加してきました。写真はヒロシマ大行動のHPより。http://86hiroshima.blogspot.jp/?m=1

前日の5日は職場産別交流会があり、その中の医療福祉労働者交流集会に参加。介護労働者竹川さんの仕事中の事故による起訴・収監という事態は本当に許せない!と思いました。

IMG_9427

「被曝労働拒否・福島連帯集会」では、ふくしま共同診療所の杉井医師や布施院長、福島から保養に来ているお母さん、各地でNAZENを立ち上げている仲間、八尾北医療センター労働組合などから訴えがあり、新たな運動の飛躍を感じさせる集会でした。

「避難・保養・医療」は社会変革の運動でり、さらに深化させる必要があるところに来ています。帰還と被曝の強制反対署名運動の継続からの労組の決起に続きたいと思いました。

IMG_9428

青年労働者交流集会も各地の青年が結集して大成功!広島の非正規教員から「時間でしか雇われず、子供と関わる時間もない。こんな働き方はなくしたい」という訴え。本当に非正規教員、非正規職なんて撤廃しかない!

IMG_9430

広島の自治体で非正規ではたらく仲間からも発言。「会計年度任用職員」=非正規職の固定化・スト権剥奪・団結破壊に対して、怒りが高まっているが、何の方針も見えない組合の現状に対して、今こそ闘いをつくろう!

北島くにひこさんを都議会へ!新しい労働者の政党をつくろう!

IMG_8978

私たちは杉並区で立候補している北島邦彦さんを応援しています。共謀罪成立翌日の国会前では一緒に抗議の声をあげました!(写真中央)

北島さんは東京西部ユニオンの副委員長として、これまでもずっと労働者の立場で解雇撤回や非正規職撤廃を闘っている人です。

この4月、私たちも集めている「福島への帰還の強制に反対する署名」を職場で集めた方を理由にして都議会議事堂レストランの労働者が解雇されるということが起こりました。この女性労働者はすぐに西部ユニオンに入り、北島さんとともに都庁での抗議行動や労働委員会闘争などを闘っています。

IMG_8979

安倍を監獄へ!戦争・民営化の小池知事を倒そう!北島さんとともに、新しい労働者の政党をつくろう!

北島さんの街頭宣伝はほとんど労働者集会となっています。ぜひ見て応援してください。

 

共謀罪成立弾劾!!!!

本当に許しがたいことに、法務委員会をすっ飛ばして、夜中の審議に朝方の採決というとんでもないやり方で共謀罪が成立してしまいました。居ても立っても居られず、翌日午前中に国会前へ。

しかし、ここまで破産的な強行をしたのは、政権の危機の現れであり、人々が団結することへのとてつもない恐怖があるからに他なりません。森友疑獄、加計疑獄、数々の不正や隠蔽が暴かれようとしています。結局、自分たちのことしか考えてないじゃないか!国民にはのためなんて嘘っぱちだ!怒りの声は高まっています。だからこその共謀罪です。もっともっと「共謀」して、団結して、仲間を拡大して、共謀罪法を使えないものにしていきましょう!

6/11国鉄集会!

国鉄闘争全国運動の全国集会。動労総北海道結成の報告もありました。

民営化後起きたことは結局は路線廃止と安全崩壊、そして労働組合破壊と労働者の全面的な権力剥奪=非正規化、外注化でした。民営化は私物化であり、社会の破壊だと今こそはっきり言えるのは、解雇されても団結を守りきって闘い抜いてきた労働者と労働組合の存在があったからです。

IMG_8853

また、動労総連合青年部結成の報告もありました。国鉄闘争の大きな前進です。これから始まる青年労働者の決起を大きく展望させるものとなりました。ここに続こう!